クリストフルメール騎手(競馬)の奥さん(妻)や子供は?愛車や自宅も調査

スポンサードリンク

 

昨年2019年4月7日の平成最後の《第79回桜花賞(GI)》

2番人気だったグランアレグリアが最後の直線で先頭に立ち

1分32秒7のタイムレコードでGI初勝利でゴールした。

 

そのグランアレグリアに乗っていたのがクリストフルメール騎手でした。

史上5人目の桜花賞連覇を飾っています!

 

ゴール後、テレビに写りましたがとてもハンサムな方で素敵でした。

そんなルメールさんについて調べてみました。

スポンサードリンク

クリストフルメール騎手(競馬)のプロフィールは?

生年月日:1979年5月20日

ミドルネーム:パトリス

出身:フランス

在住:京都市京都

所属:日本中央競馬会(JRA)

 

ミドルネームのパトリスは、障害競馬をしていた父親の名前をいただいたそうです。

父の勧めで競馬学校には行かず、普通の高校に入学し休日に厩舎に出入りし父親から技術を学んだ。卒業後に競馬学校に進学し騎手免許を取得する。

出身のフランスで平地競馬ではあまりみられない経由で騎手への進み方のようです。

父親の指導が行き渡っていたのでしょうね。

 

競馬学校に入るのが少し遅かったことで

目的まで遠回りかな?と思うけど実際にはルメールさんにとって

レベルを上げるには大事な時間だったのかもしれませんね。

 

『経験者(父)は語る』ですよね

ピヨコ

 

スポンサードリンク

クリストフルメール騎手(競馬)の成績や予定は?

2018年に年間215勝という勝利数で

不滅の記録と言われている武豊の212勝を越えました。

 

2002年からJRAの短期免許を取得し参加し始めました。

中京や小倉などの小さなところで活動をしていたそうです。

2003年にフランスリーディング7位、同年のフランスGIでは

パリ大賞を受賞していて着々と成績を上げていきました。

2006年ドバイシークライマックスで優勝。

2007年川崎記念、愛知杯を制している。

2008年サンタラリ賞を連覇。エリザベス女王杯でリトルアマポーラに騎乗し優勝。

ジャパンカップダートでヴァーミリアンに武豊に代わり騎乗し優勝を飾った。

2009年プール・デッセ・デ・プーリッシュで優勝、前年に続きサンタラリ賞を制し、イスパーン賞も制している。エリザベス女王杯ではシャラナヤに騎乗し4位。

ピヨコ

などなど多くの世界中の大会に出場している騎手の方です。

2014年になって『フランスでの競馬に対するモチベーションを維持するのが難しくなった』

ことを理由に、2015年4月4・5日からJRA騎手免許を取得し日本競馬に本格的に出場しています。

2016年フランス(GII)ニエル賞で優勝。凱旋門賞14位。東京競馬10Rでは優勝。

2017年ヴィクトリアマイルから東京優駿でGI3週連続勝利を成し遂げている。

2018年桜花賞をアーモンドアイに騎乗し制した。これでJRA主催の牝馬限定戦GI(阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞、優駿牝馬、秋華賞、ヴィクトリアマイル、エリザベス女王杯の6レース)をすべて制覇している。その後も怒濤の勢いで、菊花賞、天皇賞、JBCスプリントを制しました。

桜花賞のアーモンドアイからはじまり、ジャパンカップでもアーモンドアイで優勝している。

2019年桜花賞昨年に続き優勝です。

 

今後もルメールさんは日本競馬を盛り上げていくこと間違いありませんね。

海外の方の刺激を受けて日本の競馬がさらなる活力になったらおもしろそうですね!

馬もカッコいいし、ジョッキーも男性女性ともにカッコいいので観ていて楽しいですね^^

 

名馬ウォッカが2019年4月1日天国にいきました。

まだ15歳という若さで、蹄の病気で命を落としてしまいました。

ルメールさんとウォッカとの息を合わせた走りも凄かったですね。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

クリストフルメール騎手のご家族は?奥さん(妻)や子供も

(引用:ネット競馬

奥様:ルメール・バーバラ

お子様もお二人いらしてとてもかわいいらしいお二人ですね。

クマ子

お嬢さんの持っている馬のぬいぐるみが可愛い!

 

お父さんの競馬人生がフランスから日本に変わったことで

お子さん二人は不安やさみしさがあったと思うのですが、

こんなに笑顔で人前に立てる自然に振る舞えるってすごい!

ご両親がいつも子供達を大事にしているんでしょうね。

日本でも友達沢山できたかな☆

 

もしかしたら息子さんもおじいさまから続く競馬家系を受け継ぐのかな?

なんて思ったりしますね^^

 

スポンサードリンク

クリストフルメール騎手の愛車や自宅も調査

日本中央競馬(JRA)に所属している騎手の皆さんの

平均年収は約1,000万円なんだそうですよ~!凄いですね。

年間獲得賞金の5%が収入になっていて、勝てば勝つほど収入が増えていきます。

レースに出場すると、騎手手当や騎手奨励手当が上乗せされるので

更に500万円~1,000万円がプラスされます。

 

クマ子

サラリーマンと比べたら天と地くらいの差に感じてしまいますね・・・。

2018年度の年間獲得賞金額が44億1730万7,000円になっています。

このうちの5%なので2億2,000万円がルメールさんの収入になります!

 

凄すぎますね・・・。

わたしからすると、億を超えてしまうともう意味分からないレベルです💦

ピヨコ

(引用:MOBY

 

愛車は2018年にエンジンオブマイライフで対談している

『メルセデスAMG GLCクーペ』という車種です。

価格は小売価格で9,100,000円なのでオプションをつけると軽々1千万円越えますね。

 

日本のお住まいですが、京都に自宅を構えるんですが

どんな家に住んでいるんでしょうね。古風な佇まいなのかな。

洋風な外観なんでしょうか。

豪邸は間違いないのですね!(^^)!

 

まとめ・・・

いかがでしたでしょうか?

 

2018年の215勝はもう・・・

永遠に抜かれないのかな。

切磋琢磨して日本の競馬界も盛り上がっていったら良いですね!

 

わたしの祖父が毎週欠かさずテレビで競走馬を見るのが楽しみで

今回の走りもおもしろいと観ていました^^

 

わたしもそんな祖父につられるように競走馬が大好きです。

あの引き締まったボディと重量感が凄い!

一度競馬場に足を運んでみたいと思ってます~。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です